爆サイでの誹謗中傷体験談

爆サイでの誹謗中傷体験談

1.地域性のある掲示板「爆サイ」

私がスマートフォンを初めて手にしたのは社会人になってからでした。色々な情報を素早く見つけることが出来、手持無沙汰の時にもニュースを見たり出来るので暇を持て余すことが無くなり有難かったです。

元々、パソコンでチャットをする事が好きだったので実況掲示板等を知った時は深く興味を持ち、度々見るようになりました。初めは有名掲示板の趣味のページを閲覧しているだけでしたが、ある時、自分が住んでいる地域の掲示板が目に入りアクセスしたところ、「爆サイ.com」という名前のサイトでした。

細かく地域が分かれているのが特徴で、自分の住んでいる地域の掲示板があればと思い探しました。少し汚い言葉が書き込まれている掲示板もありましたが、見ていた掲示板はそれ程不快ではありませんでした。

2.個人が特定される危険があった誹謗中傷体験

私が知っているお店の情報等が書き込まれていたので親近感とともに、興味が湧き、閲覧する回数が増えていきました。地域の雑談ページで自分の出身学校のことが話されているのを見つけました。

最初は学校の行事や思い出が書き込まれていき、その後段々と話題が出身の人物のことになっていきました。匿名で話されていたので名指しされることは無かったと思いますが、遠回しに個人を特定できるような表現もありました。それは本当に偶然見つけたのですが、突然、私の事を指し示しているようなことが書き込まれ、とても驚きました。地元の人であれば誰だかわかる内容だったのでとても恐怖を感じ、身に覚えのない事が書き込まれていくのをただ見ていることしか出来ませんでした。

細かく見ていくと私の名前のがかかれており、書き込まれた内容は嘘ばかりでした。これが拡散してしまうのではないかと思い、なんとかして削除しなければと感じました。この様な経験がなかったので、削除方法を調べることにも時間がかかってしまい、書き込みは拡がっていくばかりでした。

3.ネット上の書き込みで日常生活が不安に

削除依頼フォームというものがあったので、そこに書き込み、依頼をしました。迅速に対応して頂けるということでしたが、掲示板を見ていない時も常に不安を感じていました。1つ1つ削除依頼をしてはいったのですが、違う掲示板にも似たような書き込みがあり、自分でも把握できない状態で、運営側も個人の対応には限界があるようでした。

その後、運営側の協力もありすべて解決することができました。

この爆サイの書き込み削除でとても役に立ったサイトがありましたので、もし今あなたが困っているのなら、手順を参考にしてみてください。

爆サイでの誹謗中傷書き込み削除方法

実際の生活でこの体験について話す機会はありませんでしたが、狭いエリアの掲示板だったので、「もしかすると知人が書き込んでいるのかもしれない」と思うと恐怖で仕方ありませんでした。ひどく思い悩みましたが、その書き込みが無くなるまで待つ他はありませんでした。興味本位で知ってしまったが故にとてつもない恐怖でしたし、自分が被害にあったときにどうしたらよいのかわからない不安を感じた体験でした。